コンジローマに対する健康保険適用と認知症の原因

コンジローマは法律で定められている性感染症なので治療をする場合には健康保険が適用されます。しかしインターネットで購入した検査キットで自分で検査を行う場合には健康保険の適用外になるので、1万円以上の費用がかかります。一般的には保健所などで無料カウンセリングが行われているので、コンジローマの症状が出ている場合や性感染症の疑いがある場合には必ず保健所の日程表を確認して無料カウンセリングを受ける必要があります。自治体ではコンジローマなどの感染を防ぐために啓発活動などをしていますが、ほとんどの女性は性感染症に無関心なので実際にコンジローマなどの症状が出なければ検査を受けることはありません。また女性に感染する性感染症はほとんどの場合は無症状なので感染に気が付かないまま無意識のうちにパートナーなどに感染を広げています。コンジローマは良性のイボですが、再発を繰り返すのでウイルスが体の中に存在している間は繰り返し症状が出ることがあります。コンジローマの再発を繰り返していると悪性化することがあるので、抗がん剤の投与が必要な場合もありますが、ほとんどの場合は切除をしたり軟膏を塗ることで治療をすることができます。女性の場合は性器にイボができることが多いので、健康保険が適用される病院などで検査を受けて治療をする必要があります。認知症は高齢になると脳が萎縮することで発症するのですが、脳を活発に活動させていると認知症になりにくいとされていて、また軽いウォーキングなどをして血行を良くすることで認知症を予防することができます。実際に認知症になると曜日感覚がなくなり、食事をした記憶がなくなりますが、基本的には短期記憶障害が起きるので、トイレや着替えなどの習慣的な動作は問題なくできる場合が多いとされています。